世界遺産巡り 海外旅行写真集

見たことのない景色を見にいこう!

*

アントワープのフルン広場とルーベンスの像

   


有名画家ルーベンスの
銅像が立つフルン広場。

また背景には、1352年から
約170年もの歳月をかけて
建設された

ベルギーで一番大きな
ゴシック教会の

ノートルダム大聖堂も
見えます。

フルン広場周辺には
カフェやレストランが
建ち並んでおり、

歴史的建造物を見ながら
一休みするのには

もってこいの場所と
言えます。


▼アクセス

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ベルギー

スポンサード リンク

  関連記事

プジョーのVD2 クーペ

プジョーは1882年に 設立されましたが 数多くの自動車メーカーが 淘汰されて消 …

ベルギーのゲントのグラスレイ

昔は港として栄えた グラスレイには、 当時の商人たちの 富と権力を象徴する 壮麗 …

プジョー VLVの電気自動車

フランスの自動車メーカーである プジョー VLVが、1941年に製造した 電気自 …

ブリュッセルのホテル ル ディセッティエーム

入口が高級感溢れオシャレな 感じの建物ですが ブリュッセルの4つ星ホテル ル デ …

ブルージュの聖母教会

13~15世紀にかけて建てられた 聖母教会。 歴史上、何度も改修が 施されている …

デンマーク王クリスチャン4世のゴールドメダル

有名な芸術家かつ外交官として ルーベンスは多くのギフトを 受け取りました。 彼が …

フォード リンカーンのコンチネンタルMkII

ボンネット中央のエンブレムが 無くなっていますが アメリカの自動車メーカーである …

ブルージュの老人ホーム WZC Minnewater

世界遺産の町ブルージュにある 歴史のありそうなこの建物。 博物館か何かかと 思っ …

キャデラックのエルドラド

アメリカの自動車メーカーである ゼネラルモーターズが展開する 高級車ブランドのキ …

ウィルヘルム・シューベルト・バン・エーレンバーグが描いたセントチャールズボロメオ教会の内装

その豪華な内装が理由なのか セントチャールズボロメオ教会は、 当時の人々にとって …