世界遺産巡り 海外旅行写真集

約30ヵ国を旅して撮影してきた写真を配信しています! 毎日更新!! since 2007/10/20

*

アウシュヴィッツ強制収容所

   

[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`evernote` not found]

人類負の遺産と言われる
アウシュヴィッツ強制収容所。

日本のTVでもドキュメント番組が
放送されることの多い場所ですが

ここは、一大殺人工場!!
とも言える場所です。

第二次世界大戦が始まり
ポーランドがナチス・ドイツの
支配下に置かれた1940年に、

ポーランドの政治犯を
収容するために造られましたが、

その後、ロマ、ソ連軍捕虜も
収容されるようになり
施設が拡大されていきました。

強制収用所をテーマにした、

シンドラーのリスト

という映画がありますが、

あの作品で取り上げられていた収容所は、
アウシュヴィッツではなく、
クラクフ・プワシュフ強制収容所。

あの場所は、現在、更地で
住宅も建てられることなく

閑散としており、
地元の人も近寄らないそうです。

逆に、アウシュヴィッツ強制収容所に関しては、
戦後、ほとんど当時のままの状態が
保存され博物館として公開されています。

また、同じ過ちを犯さぬようにとの思いから、
世界遺産にも登録されました。

当時の強制収容所を上空から撮影した写真。

入口のゲートには、
「ARBEIT MACHT FREI(働けば自由になる)」

という文字が掲げられていますが、

「ARBEIT」の「B」が逆さまに
なっているのに気が付くと思います。

これは収容者が作らされたものですが、

せめてもの抵抗の証に反対に
作ったという説があるものの、

今となっては、誰も理由など
知る由がありません。

収容所内には、28棟の「囚人棟」があり、
最大で2万8000人が収容されていました。

現在、この棟は博物館となっており、
棟ごとにさまざまな展示がされています。

ヒトラーのユダヤ人絶滅計画のために、
ヨーロッパ各地から、

ここアウシュヴィッツに
ユダヤ人が強制収用されました。

殺害されたユダヤ人の
遺灰が収納された慰霊碑。

ちなみに遺灰は、そのほとんどが

証拠隠滅のために、
近くの川に流されました。

アウシュヴィツの近くにある
ビルケナウ収容所の写真。

レールと収容所がある映像を
見たことがある方もいると思いますが、

あれはアウシュヴィッツではなく
ビルケナウ収容所の映像になります。

飲まず食わずで運ばれるため、
収容所に到着する前に息絶える
ユダヤ人も多かったそうです。

子供や女性も関係なく運ばれてきました。

到着すると、強制労働が出来るか
出来ないかが判断されます。

労働に使えない人間の先は・・・・・・

シャワーを浴びさせるといい、
裸にしてガス室送りにされ
殺害されました。

使用されたチクロンB。
殺虫剤としてドイツより運ばれました。

おびただしい数の空き缶。

ドイツより運ばれた
チクロンBの量は
20万kgにもなります。

なので、これはほんの一部です。

遺体は焼却処分されました。

5号棟では、ナチスが連行した人々から
没収した品々が展示されています。

没収されたトランク。

後で持ち主が分かるように
名前を書けとの命令で、

トランクには名前が書かれていますが、
二度と持ち主の手に戻ることは
ありませんでした。

ブラシ。

義足。

食器。

靴。

若い女性が履いていたと
思われるヒール類。

子供が大事にしていたと思われる人形。

アウシュヴィッツ強制収容所の
回りは監視塔があるほか、

有刺鉄線で高圧電流が流れていたため、
脱獄はほぼ不可能。

そのため、絶望感からか、
自ら高圧電流の流れる有刺鉄線に
身を投げて自殺する囚人もいたそうです。

収容されると、名前の変わりに
番号が付けられて、
番号で呼ばれるようになります。

番号は刺青で体に直接書かれます。

こちらが使われた道具。

また、髪の毛は刈られて丸坊主にされます。

囚人服。

収容されたユダヤ人の写真が
展示されています。

いつ収容されていつ死んだかが
書いてあります。

つまり、ここに写っている写真の方で
生き延びた人は一人もいません。

1日に与えられる食事はわずかこれだけ。

75kgあった女性がここに収容され
25kgにまで落ちてしまったという
記録も残っています。

子供もやせ細っています。

ここは、どんな収容所生活だったのかが分かる棟。

わらの上で寝かされていました。

こちらはトイレ。

使用できる秒数が決まっており、
それを超えると処刑されることも
あったそうです。

布団。

洗面所。

高待遇の囚人部屋。

普通の囚人のベッド。

一人用ではなく、
一段に7、8人が収まりました。

丸太と発泡ウレタンのような
素材で作られた銃殺用の死の壁。

イラストのように、ここで数多くの
ユダヤ人が銃殺されました。

そのため、常に献花が絶えません。

死の壁の隣接する囚人棟は、
外の様子が見えないように
窓に板が取り付けられていますが、

視界は防げても、銃声や悲鳴までは
防ぐことはできません。

中の囚人は、どんな思いだったんでしょうか・・・・・・


鉄道のレールを使用して造られた絞首台。

女性の棟と男性の棟は
有刺鉄線で区切られていました。

外に近い所は設備も厳重。

高圧電流が流れる有刺鉄線が
2重になっています。

アウシュヴィッツの外には、
収容所の司令官の官舎があります。

収容所を管理するトップの人間は、
後にこの絞首台で処刑されました。

こちらはガス室。

天井には、毒ガスを放り込むための穴が開いています。

この部屋で大量殺戮が行われました。

毒ガスにより、口からは泡を吹き、
目、耳、鼻などから血を流して
死んでいくそうです。

遺体は隣の焼却炉で焼かれて、
証拠隠滅のため遺灰は
近くの川に捨てられました。

効率よく処理するために、
レールを完備するなど、
まさに殺人工場としか言えません。

今回、全部の写真は紹介しませんでした。

それでも、ここアウシュヴィツの悲惨さが
伝わったのではないかと思います。

同じ過ちを繰り返さないために
登録された世界遺産ですが

まさにその通りです!!

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ポーランド

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

クラクフの聖アンデレ教会

11世紀の終わり頃に パラティン伯 ヴォイヴォデ・シェチェフ により建てられた …

ポーランドの主都ワルシャワのクラシンスキ宮殿

ポーランドの主都ワルシャワ にあるこの建物は 別名、ポーランド共和国宮殿 とも言 …

ポーランド料理レストランのフォーク・ゴスポダ

ポーランドの主都ワルシャワにある 郷土料理を堪能できる フォーク・ゴスポダ。 民 …

クラクフのフロリアンスカ門

城壁があった過去の偉容を偲ぶ 貴重なフロリアンスカ門。 1300年頃に造られたも …

ワルシャワのウェスティンホテル

ワルシャワのウェスティンホテル。 エレベーターが印象的なホテルです。 ウェスティ …

ワルシャワの旧王宮

ワルシャワの旧王宮。 王宮の歴史はワルシャワの 歴史ともいわれています。 なぜな …

ワルシャワの人魚像

ポーランドの主都ワルシャワの 旧市街広場の中央に立つ 剣を振り上げる人魚像。 ち …

ビルケナウ強制収容所

アウシュヴィッツ強制収容所から 少し離れたところにある ビルケナウ強制収容所。 …

ワルシャワのワジェンキ宮殿

ヨーロッパで最も美しい公園に 数えられるワルシャワの ワジェンキ公園。 この公園 …

クラクフの聖バルバラ教会

クラクフ旧市街に建つ 聖バルバラ教会。 この教会は1362年に、 ゴシック様式で …