世界遺産巡り 海外旅行写真集

約30ヵ国を旅して撮影してきた写真を配信しています! 毎日更新!! since 2007/10/20

*

メンフィスのラメセス2世の像とアラバスターのスフィンクス

   

[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`evernote` not found]

1古代エジプト古王朝時代には
首都として栄え、

歴史的にも重要な役割を
してきたメンフィス。

2現在は廃墟となっているようです。

10メンフィス遺跡にある
1912年に発見された

アラバスター(雪花石膏)製の
スフィンクス。

3この建物の中に、ラメセス2世の巨像があります。

4入り口にあった像。

5全長が15mにもなる
ラメセス2世の巨像です。

6脚の一部が欠けてしまっていますが、
顔はきれに残っています。

7手には印鑑を持っています。

82階から全体を見るのもいいですが、
近くで見るとより大きさを実感でます。

9この建物の中に飾ってあった像。

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - エジプト

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

アレキサンドリアのカイト・ベイの要塞
カイロのハーン・ハリーリ
エジプトで見つけた日本
アレキサンドリアのポンペイの柱
アレキサンドリアのミスル駅
カイロのショッピングセンター
アレキサンドリア国立博物館
ダフシュールの屈折ピラミッドと赤のピラミッド
オールドカイロとムアッラカ教会
アブ・シンベル神殿