世界遺産巡り 海外旅行写真集

約30ヵ国を旅して撮影してきた写真を配信しています! 毎日更新!! since 2007/10/20

*

パリのレジョン・ドヌール ミュージアム

      2016/06/17

[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`evernote` not found]

1オルセー美術館の横にある
レジョン・ドヌール ミュージアム。

ガイドブックには建物名しか
記載がなかったので料金が不明でしたが、

入口の係の人に聞いたら
なんとフリーでした。

レジョン・ドヌールは、
ナポレオンによって制定された
フランスの勲章で、

現在もフランスの最高勲章
として君臨します。

2キレイにまとめられた館内。

3サーベルとライフル。

4当時の服。

5レジョン・ドヌール勲章を制定した
ナポレオンの肖像画が展示されていました。

6肖像画に描かれているものと、
まったく同じ勲章。

ということは、これを身に着けて
ナポレオンの肖像画が描かれたのかな?

7他にもさまざまな勲章が展示されています。

8

9中央にナポレオン。右は妻のジョゼフィーヌかな?

10絵の下には、家系図のような感じで、
ナポレオン関連のグッズが展示されてました。

11メダルや勲章。

12当たり前ですが、お土産店で
売っているものとは、
出来栄えが全然違います。

13こちらもさまざまな勲章が展示されています。

14これだけのものが展示されているのに、
入場無料というのはスゴイです。

15

16グラスに施された勲章。
スゴイ細かくて、圧倒させられました。

17豪華な装飾が施されたサーベル。

ヨーロッパでは、日本の観光地で
木刀を見かけるように、
よくサーベルのお土産を見かけます。

日本にも輸入されていて、
一部の店舗で購入できるので、

コレクションとして買おうと
思ったこともありますが、

本物を見てしまうとやっぱ
レプリカでは物足りなくなりますね(笑)

ちなみに本物は、まったく買うチャンスがない!
というわけでもありません。

ナポレオンが仕様したサーベルは、
オークションにかけられたことがあります。

2007年のオークションでは、
1800年6月にマレンゴの戦いで仕様された
サーベルが約8億円で落札されました。

本物は風格もケタ外れですが、
価格もケタ外れ。

入手してもメンテも大変!
ということで、

博物館で見るのが一番です!!

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - フランス

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

パリのレンタル自転車
ルーブル美術館の横の道路の渋滞
ストラスブールのセント・ポール教会(聖パウロ教会)
パリのアンヴァリッドとドーム教会
ストラスブールのサンピエール教会
パリのパッサージュ「ショワズール」
ストラスブールのロアン宮殿
パリのホテル 「オテル シブール」
パリの老舗ワインショップ legrand filles et fils(ルグラン・フィーユ・エ・フィス)
パリのブックオフ