世界遺産巡り 海外旅行写真集

約30ヵ国を旅して撮影してきた写真を配信しています! 毎日更新!! since 2007/10/20

*

ケロアンのグランドモスク

   

[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`evernote` not found]

1640年に時の権力者
「ウクバ・イブン・ナーフィ」

により建てられた

北アフリカ最古と言われる
グランドモスク。

建設者の名前をとり、
「シディ・ウクバ・モスク」
とも呼ばれます。

このモスクはイスラム圏における傑作建築で、
マグレブ地方のモスクの手本となっています。

2現在ある建物の原型は、
9世紀のアグラブ朝期に再建され、

その後何度も再建され
現在の姿になったそうです。

3大理石が一面に敷き詰められた
中庭の中央付近には、
ろ過設備が備わっています。

4中庭を取り囲む回廊には、
ローマ・ビサンチンの遺跡から
流用された柱が建ち並びます。

古代ギリシャ建築では主に

コリント式
ドーリア式
イオニア式

の3つの柱がありますが、
柱の形から、

これはコリント式の
柱になります。

ちなみに古代ギリシャの都市国家の
コリントスがコリント式の名前の由来です。

しかし・・・

ギリシャの地名が由来にも関わらず、
このコリント式の柱はギリシャでは、
あまり見られないのが面白いところ。

ギリシャを代表するパルテノン神殿や、

パルテノン神殿よりも
保存状態が良いとされる、

アゴラのヘファイストスの神殿は、
ドーリア式の柱が採用されています。

また、現役で使用されている
ギリシャの国会議事堂も
ドーリア式です。

5モスクの内部の柱も
コリント式でした。

非イスラム教徒は、
モスクの中庭には入れても、

建物内には入れないため、
外から撮影しました。

トルコは、イスラム教徒でなくても
モスクの中に靴を脱いで入場できましたが、
それと比べると、チュニジアは厳格です。

6モスクの周りは、白壁にブルーの窓枠の
綺麗な建物が建ち並んでしました。

7この扉などは、いかにも

「チュニジアンブルー」

といった感じで綺麗です。

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - チュニジア

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

山岳オアシス地帯のタメルザ
チュニジアのサハラ動物園
サハラ砂漠の日の出
チュニジアの「エル ムラディ ガマルト」ホテル
タカ狩りの町として知られるエル・ハワリア
チュニジアのドゥッガの遺跡
チュニスのメディナ(旧市街)の散策
マトマタの穴倉式住居
サヘル地方の真珠と言われるスース
スターウォーズロケで使われたオテル・シディ・ドリス