世界遺産巡り 海外旅行写真集

約30ヵ国を旅して撮影してきた写真を配信しています! 毎日更新!! since 2007/10/20

*

クラクフの聖マリア教会

   

[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`evernote` not found]

11222年に造られた
中央広場に面する

ゴシック様式の
聖マリア教会。

遠くからでも目立つ
塔の高さは82mあります。

この塔ですが、その昔モンゴル軍が
クラクフを襲った際に、

敵襲を告げるラッパが
教会の塔の上から
吹き鳴らされました。

しかし・・・・・・

モンゴル兵の放った矢により、
ラッパ手は喉を貫かれてしまいます。

そのことを慎んで、
1時間おきに

塔の上からラッパが
吹き鳴らされています。

2聖マリア教会は内部の芸術品や
ステンドグラスも見ごたえがありますが

3特に、15世紀に作られた
ファイト・シュトース作の
祭壇は一見の価値あり。

この祭壇は、国宝にも
指定されています。

4この祭壇は、宗教のさまざまな
場面が描写されており
非常に見ごたえがあります。

やはり中央の聖マリアの
被昇天が一番目立ちます。

「聖母の被昇天」は、
カトリック教会の用語で、

聖母マリアが人生の終わりに
肉体と霊魂を伴って天国に
あげられたという信仰。

また、その出来事を記念する
祝日(8/15)のことを指します。

【おまけ】
聖マリア教会のラッパの音色。

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ポーランド

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

クラクフの聖ヴォイチェフ教会

クラクフの市庁舎広場にある 聖ヴォイチェフ教会。 ご覧の通り小さな教会ですが そ …

ポーランドの主都ワルシャワの聖アンナ教会

ワルシャワにある聖アンナ教会。 コリント式の柱を採用しています。 詳しい資料が見 …

ショパンの心臓が収められた聖十字架教会

ポーランドの主都ワルシャワにある ショパンの心臓が収められている 聖十字架教会。 …

ワルシャワの文化科学宮殿

社会主義時代のワルシャワを 代表する37階建ての高層ビル。 この建物はスターリン …

クラクフの聖アンデレ教会

11世紀の終わり頃に パラティン伯 ヴォイヴォデ・シェチェフ により建てられた …

チェンストホーヴァのヤスナ・グラ修道院

毎年たくさんの巡礼者が 集まるカトリックの聖地 チェンストホーヴァにある ヤスナ …

クラクフ旧市街の中央広場と織物会館

クラクフ旧市街の中心にある 総面積が4万㎡もある広場。 中世のまま残る広場として …

クラクフのホテル ショパン

多くの観光客が行き交う クラクフ旧市街から 徒歩15分くらいの距離にあるため 静 …

ビウォヴィエジャのバイソン動物園

ビウォヴィエジャは、 世界遺産に登録された 手つかずの自然が残る森林地帯。 ヨー …

ワルシャワの旧市街広場

ワルシャワ旧市街の 中心部である旧市街広場。 露天の画商やカフェなどが 立ち並ん …