世界遺産巡り 海外旅行写真集

約30ヵ国を旅して撮影してきた写真を配信しています! 毎日更新!! since 2007/10/20

*

デン・ハーグのマウリッツハイス美術館

   

[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`evernote` not found]

1オランダのデン・ハーグにある
マウリッツハイス美術館。

元々は17世紀のブラジル総督である
オラニエ家のヨーハン・マウリッツ伯爵の
私邸として建てられた建物です。

マウリッツハイス美術館には

レンブラント
フェルメール
ルーベンス

などの絵が飾られています。

中は写真撮影禁止だったので、
写真はありませんが、

もともと家だった建物を美術館に
しているのでこじんまりしています。

ただ、そこに飾られている
絵画は有名なものが多く、

誰もが一度は目にした事のある

「真珠の耳飾りの少女」 フェルメール

が展示されています。

しかしなんといっても
至宝といわれているのがこちら!

「デルフトの眺望」 フェルメール

この作品は、フェルメールの代表作。

現在のデルフトの町と比べるのが
面白い作品ですが、

デルフトの町を南西の方角から
描き出したもので、

左奥に旧教会の尖塔
その手前にスキーダム門

右側に張り出したロッテルダム門

その奥には現在武器博物館と
なっている建物の赤い屋根、

そして武器博物館の右に新教会の
白っぽい尖塔が描かれています。

フェルメールの生涯作品は
35点ほどであると言われて

他の有名な画家に比べ
極端に少ないですが

当時、金と同じくらいの
価格で取引されていた

鉱石ラピスラズリを
原料とする貴重な絵の具を
使っていたというので

作品数が少ないのにも
納得できます。

このブルーの色は
「フェルメール・ブルー」

と呼ばれるくらいに
彼の代名詞的な色で

作品を見た時に
その鮮やかさゆえ

一番最初に目を向けてしまう
ポイントです。

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - オランダ

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

デン・ハーグの騎士の館

オランダの行政の中心は デン・ハーグですが その中心であるエリアの ビネンホフに …

ライデンの街並み

オランダの主都である アムステルダムから 電車で15分ほどの距離にある シーボル …

アムステルダムのムントタワー

オランダの主都アムステルダムの ムント広場にあるムントタワー。 ムントとはお金の …

ロッテルダムのキューブハウス

このサイコロみたいな形をした家は、 オランダのロッテルダムにある 「キューブハウ …

キンデルダイクの風車郡

オランダといえば風車が名物で、 今でもキンデルダイクには 1740年頃に作られた …

アムステルダムの花市

オランダといえばチューリップ! チューリップといえばオランダ! 主都のアムステル …

デン・ハーグの監獄博物館

オランダ第3の都市である デン・ハーグの街並み。 中央の三角形の屋根が特徴的な …

マーストリヒトの聖ヤンス教会

14-15世紀に聖セルファース教会の 洗礼堂として建てられた 赤くて高い塔が印象 …

マーストリヒトの市庁舎

マーストリヒトの中心の マルクト広場に建つ市庁舎。 ひときわ目立つ大きな建物です …

オランダのデルフト焼

17世紀頃は、陶磁器に関しては 日本や中国が、デザインや色合いなど 圧倒的な技術 …