世界遺産巡り 海外旅行写真集

約30ヵ国を旅して撮影してきた写真を配信しています! 毎日更新!! since 2007/10/20

*

ハイデルベルク城の大樽棟にあるペルケオの像

   

[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`evernote` not found]

DSC00370昨日の記事で紹介したワイン樽。

このアングルからでも、
左下に彫像像があるのが
見えます。

DSC00371正面から見ると、こんな感じ。

人形の他にも、ワインの大樽を製作
したときに使われた大きなコンパスと
カンナも展示されています。

この人形はペルケオの像と
呼ばれています。


よ~く見ると


片手にグラスを持っているのが
見えます。

ペルケオは1日に15本もの
ワインを飲む大酒飲みで


なんと!!


子供の頃から、ワインを唯一の
飲み物として、飲み続けてきたほど。

その実績からか何なのか
カール3世フィリップが樽の監視を
命じます。

ペルケオは、フィリップが選帝侯に
就任する前に、宮廷道化師として
連れてこられました。

さすがに、お酒を飲み続けるのは
体に良くなく、ペルケオが年をとって
病気になったときに

ワインをやめて水を飲むように
医師からアドバイスを受けます。

しかし

助言に従ったものの、その翌日には
亡くなってしまいました。

もしかしたら

水を飲まずに、そのままワインを
飲んでいれば、また違った結果に

少なくとも翌日に亡くなることは
なかったのかもしれませんね。

実際、水を飲んで、あまりのまずさに
驚いて、それが原因で亡くなった、

なんて言われ方もします。

DSC00373いたずら好きだった、彼の像の
横には、小さな時計があります。


これはですね


下についているリングを
引っ張ることができます。



このリングを引っ張ると・・・


何が起きるかというと・・・


動画を撮影してきたので
チェック下さい♪


あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ドイツ

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

マイセンのマルクト広場と市庁舎

マルクト広場に面する形で建つ 切妻屋根が特徴的な マイセンの市庁舎。 マイセンは …

コブレンツのヘルツイエズ教会

1903年に完成したヨーロッパの 歴史からしたら、新しい教会の ヘルツイエズ教会 …

マイセン磁器工場と磁器博物館

マイセンの窯印がついた マイセン磁器工場。 1階はマイセンの見学用工場があり 2 …

ハイデルベルク城のイギリス館

現在は、屋根がなくなり 一部分が残るのみの この建物はイギリス館と 呼ばれていま …

マイセンのブルク通り

マルクト広場からアルブレヒト城へと 続いているブルク通り。 ここは雑貨店や飲食店 …

ケルンの魚市場前の建物

ケルンで見かけた カラフルな建物群。 エストニアにも あのような感じの 建物があ …

ニュルンベルクの地下酒場「ナッサウアー・ケラー」

聖ローレンツ教会の向かいにある この建物ですが、よ~く見ると壁に 「日時計」 が …

ミュンヘンのFCバイエルン・ファンショップ

ヨーロッパはサッカーの熱い国。 レストランやホテルのバーに TVが設置されている …

フランクフルトのシルン美術館

円形の形をしたモダンなこの建物は 「シルン美術館」 フランクフルトの観光の中心地 …

ローテンブルク最古の城壁部のヴァイサー塔

城壁で囲まれた町ローテンブルクには 現在も、城壁や見張り塔が残っていますが 写真 …