世界遺産巡り 海外旅行写真集

約30ヵ国を旅して撮影してきた写真を配信しています! 毎日更新!! since 2007/10/20

*

ライトアップされた台北の総統府

   

[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`evernote` not found]

1タクシーで移動中、台湾の総統府が
置かれている建物を通過したので、
写真を撮影しました。

カメラを構えると、こちらから
何もお願いしていないのに、

道路の真ん中で車を
止めてくれました。

またウィンドウも開けてくれたので、
ブレや反射が発生せずに
写真を撮ることができました。

タクシーの運転手さんには

ほんと感謝感謝♪


この建物は見ての通りのバロック建築。
入口の柱はイオニア式。

赤レンガの建物なので、なんとなく
東京駅のような感じもします。

この建物は日本統治時代の
1919年に完成した建物で、

調べてみると日本人の

児玉源太郎
長野宇平治
森山松之助

らが建築に関わって
完成したものになります。

総統府が東京駅の影響を
受けて作られたような記述は
発見できなかったので分かりません。

ただ、東京駅が完成したのが
総統府完成よりも前の1914年のため、

日本人が関わった総統府は、少ながらず
東京駅の影響を受けていたりして・・・?

ちなみに、東京駅は1889年に開業した
アムステルダムの中央駅をモデルにして
作られました。

年代的には、

1889年 アムステルダム中央駅
1914年 東京駅
1919年 総統府

となります。

いろいろと調べると、勝手に
連想してしましますが当時、


バロック様式5階建て
左右対称


という建築様式が流行だったようで、
東京駅の影響がどうとかそんな事以前に、

単純に総統府も時代の最先端に合わせて
作られた建物だったのかもしれませんね♪

2この写真は、別の日に同じく
タクシーの中から撮影したもの。

左右対称のとなっているのがわかります。

中央だけ、塔が突出していますが、
天皇の権威を象徴するために、

あのようなデザインが
採用されたそうです。

第二次世界大戦中は、
アメリカの空爆で内部が全焼、

多数の死傷者が出てしまった
負の歴史のある総統府。

日本が降伏し撤退したあとは、
中国国民党政府が大陸より移り、

内部が改装されて総統府として
再利用され始めました。

総統府は、平日の午前中に1階部分のみが
開放されているようで、入場料も無料。

ただし、見学にはパスポートの提示が
必要になるそうです。

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - 台湾

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

台北府城の小南門

タクシーで移動中に小南門を通過したので、 運良く赤信号で停止したこともあり写真を …

台北の桃源街正宗山東牛肉麺

ホテルでオススメしてもらった ラーメン店の桃源街正宗山東牛肉麺。 このお店は地球 …

中正紀念堂の衛兵交代式

台湾旅行にきたからには、 絶対に足を運びたいのが中正紀念堂。 入口の巨大な正門が …

饒河街(ぎょうかがい)観光夜市

台北二大夜市の一つである 饒河街(ぎょうかがい)観光夜市。 片道が400mほどな …

台北の忠烈祠の衛兵交代式

毎日、決まった時間に 衛兵交代式が行われる忠烈祠。 ここは抗日戦争や共産党軍との …

台北の鼎泰豐の本店

台北にやってきた多くの観光客が 必ずやって来るとも言われる 「鼎泰豐」(ディンタ …

行天宮の占い横町

行天宮のある交差点の地下は、 占い師が集まる占い横町となっています。 小さなブー …

ホテルフラワー台北(華華大飯店)

台湾旅行で宿泊した ホテルフラワー台北(華華大飯店) 日本語のホームページもある …

台北の三越

台北駅の前にある三越。 日本でもおなじみの三越ですが、 台北の三越が入っているビ …

台北の行天宮

ビジネスの神として人気の高い 三国志の英雄、関羽を祀る行天宮。 ここは1967年 …