世界遺産巡り 海外旅行写真集

約30ヵ国を旅して撮影してきた写真を配信しています! 毎日更新!! since 2007/10/20

*

リスボンの4月25日橋

   

[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`evernote` not found]

o0576043212665512224遠方に見える長い橋はリスボンと
テージョ川対岸のアルマダとを結ぶ、

長さ2277 mの吊り橋
「4月25日橋」になります。

近代的な橋の形をしていますが

開通したのは1966年8月6日と
50年近い歴史を持つ橋です。

開通したのが8月6日も関わらず
4月25日橋と呼ばれる理由ですが

まず、開通した当初は当時の
ポルトガルの独裁者であった

「アントニオ・サラザール」

にちなんで、「サラザール橋」と
呼ばれていました。

それが、1974年4月25日の
カーネーション革命のすぐ後に、

革命が起こった日から名前を
取って改称されました。

せっかく自由を勝ち取ったのに
独裁者の名前が付いている橋の

名前をそのままにしておくのは
考えられないという気持ちの
現れでしょうね、おそらく。

この橋は2段構造になっていて

上段:6車線の車道
下段:鉄道

ですが、鉄道部分に関しては
案としてあったものの、

経費の都合で実行が遅れてしまい
完成したのは1999年と、

開通から30年以上が
経過してからの事です。

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ポルトガル

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

古くから別荘地として知られるシントラ
ナザレの夜と朝
中世の面影を今に残すオビドス
ポルトガルのリスボンにある発見のモニュメント
ユーラシア大陸最西端のロカ岬
市内最古の建造物であるポルト大聖堂
ナザレのノッサ・セニョーラ・ダ・ナザレ教会
エヴォラ大聖堂
ナザレのメモリア礼拝堂
リスボンのエドゥアルド七世公園