世界遺産巡り 海外旅行写真集

約30ヵ国を旅して撮影してきた写真を配信しています! 毎日更新!! since 2007/10/20

*

ヴュルツブルクのレジデンツ

   

[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`evernote` not found]

DSC00467ヴュルツブルクのレジデンツ。

ユネスコの世界文化遺産にも
登録されているため

観光客も非常に多いスポット。


韓国のツアー団体旅行の人たちも
見かけました。


日本でもドイツツアーの
パンフレットをチェックすると

ヴュルツブルクに足を運ぶ場合
このレジデンツが含まれている事が多い。


ただ!!


中には入らずに、外観だけ見て
終わりというパターンがほとんど。

韓国のツアーの人たちもそうでした。

おそらくですが、ここは団体旅行には
不向きの場所だからだと思います。


まず、内部は撮影禁止!!


そして

入口のコインロッカーで、荷物を
預ける必要があります。

なので、何十人も一緒に行動する
ツアーの場合は、かなりのタイムロスに
なってしまいます。

あとは、宮殿のガイドツアーに参加しないと
建物の一部の部屋には入場できないという
制約もあります。


料金は個人で見学してもツアーで
見学しても同じですが、ガイドツアーは

11:00
15:00

と1日2回のみとなっています。


個人では入ることができない
部屋もあるレジデンツですが

時間的な縛りもあるので
個人で入る事にしました。


「チケット1枚下さい。」
「はい。中は撮影禁止なので、荷物はロッカーに預けて下さい。」


撮影禁止なのは、ブログ書いている身としては
残念ですが仕方ないですね。

「分かりました。」


とりあえず

コートは邪魔だからロッカーに入れるべし
カメラも使えないのでロッカーに入れるべし

バッグは財布も入っているし、小さいバッグだから
これは持っていくべし。

ってことで、小さいバッグ一つでレジデンツ内の
見学に行こうとしたんですが


「ちょっとちょっと、バッグもロッカーに入れてください。」
「すみません。」


「中は狭くなっているので、バッグが壁や
調度品にぶつかる危険性があります。」


そのため、レジデンツ内のマップが載っている
地球の歩き方のみを片手に
宮殿内を見学することにしました。


果たしてレジデンツ内は
どんだけ狭いんだろうと
思ったんですが

内部は、狭くはあるけど、よほどヘマを
しなければ、壁や調度品にぶつかることは
ないレベルです。

DSC00467このレジデンツは、1720~1744年にかけて
大司教の宮殿として建てられました。

ヴュルツブルクは教会が多いですが
大司教が権力をふるって発展してきた
歴史があるためです。


宮殿内には300室以上もの部屋が
あると言われていますが

宮殿内で一番有名な部屋が
受付を通って一番最初にある

「階段の間」


ここはドイツバロック建築の巨匠
「バルタザール・ノイマン」

の手によるもので天井には
世界一大きいと言われる
フレスコ画が描かれています。

内部は写真撮影禁止なので
絵葉書の写真を掲載しておきます。

103-4の部屋は当時、常識外れの設計で
巨匠ノイマンは酷評の嵐に遭いました。

広い吹き抜けゆえに柱もなく
絶対に崩れるなどと、評判も
悪かったようです。


しかしノイマンは

「砲弾を打たれても崩れない」

と反論。


事実、第二次世界大戦の空襲で
ここだけ天井が残る結果になりました。

DSC00464レジデンツの裏側にはホーフ庭園と
呼ばれる公園があります。

写真を撮影したのは10月なので
季節外れですが、

春から夏にかけてはバラの花が
咲く幾何学庭園となるそうです。

これは、夏にもう一度足を運ぶべきかも?

Würzburg_Court_Gardenレジデンツ内は撮影禁止ですが
ホーフ庭園は撮影し放題。

時間を作ってのんびり散策するのにも
もってこいのスポットです。

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ドイツ

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ニュルンベルクの地下酒場「ナッサウアー・ケラー」
ハイデルベルク城のテラス(アルタン)
ドレスデンのシュタイゲンベルガー ホテル デ ザクセ
東西分断の象徴チェックポイント・チャーリー
切符を買ったら忘れずに
ベルリンの赤の市庁舎
マイセンのタイルに描かれた君主の行列
ローテンブルク最古の城壁部のヴァイサー塔
ハンブルクの内アルスター湖
ベルリンの新博物館