世界遺産巡り 海外旅行写真集

約30ヵ国を旅して撮影してきた写真を配信しています! 毎日更新!! since 2007/10/20

*

ミュンヘンの旧市庁舎の日時計

   

[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`evernote` not found]

DSC01319ミュンヘンには新市庁舎と旧市庁舎がありますが
こちらは旧市庁舎になります。

旧といっても、ご覧の通り綺麗な状態なので
戦後に復興されたものだと思います。

この旧市庁舎の塔には、日時計が
取り付けられています。

ヨーロッパの旧市街を歩いていると
よく日時計を見かけますが

新市庁舎に設置されているような
機械式の時計と違い、構造がシンプルで
メンテナンスフリーなのがメリット。

しかし、日時計という名の通り、太陽の
日を浴びていないと、全く意味がないので

夕方
夜間
悪天候

の時には、まったく意味がありません。

DSC01320夕方18時でこの状態です。

9時から19時まで表記がありますが
日の長い夏ならまだしも、冬などは
フル機能するのは無理ですね。

DSC01497これが昼間にやってくると
日時計に取り付けられた棒が

塔の壁面に描かれた時計の目盛に
影を映し出して、時刻が分かる
仕組みになっています。

影の位置は1と2の間あたりに
あるので、大体13時30分と
いうことが分かります。

日が暮れていけば、影が
右に動いていくことになります。

imagesC5094DMO日時計は、真南を向いていなくても
棒の角度を調節することで、ある程度は
調節ができます。

ミュンヘンの新市庁舎の日時計も
地図で見ると実際には、若干南西の
方角を向いています。

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ドイツ

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

BMW 3/15 PS DA-3
ヴュルツブルクのザンクト・キリアン大聖堂
フランクフルトのアイゼルナーシュテグ(鉄の橋)
1937年式 メルセデスベンツ 320 救急車
ニュルンベルクのショッピングエリア「カロリーネン通り」
ドイツのマインツの散策
マールブルクに残るグリム兄弟が住んだ家
ミュンヘンのドイツ博物館 その2
ドレスデンのカトリック旧宮廷教会
2012年式 メルセデスベンツ SLS AMG クーペ 電気自動車