世界遺産巡り 海外旅行写真集

約30ヵ国を旅して撮影してきた写真を配信しています! 毎日更新!! since 2007/10/20

*

ニュルンベルクにあるデューラーの家

   

[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`evernote` not found]

DSC01212このいかにもドイツっぽい
古いスタイルの家は

ドイツ・ルネッサンスを代表する画家

「アルブレヒト・デューラー」

が、1509年から亡くなる1528年まで
過ごした家になります。

現在、ここはデューラーの時代の
生活様式を伝える博物館となっていて
一般公開されており

入場料を払えば見学ができます。

このデューラーの家ですが
公式サイトもあります。

対応言語は、ドイツ語と英語のみになりますが
若干、写真も掲載されているので

ビジュアルだけでも楽しめるかと思います。

▼公式サイト
http://www.museen.nuernberg.de/duererhaus/


観光地だけあって、日曜日も営業を
しているのがポイント高い。

通常は月曜日を休みとしていますが
7~9月の観光シーズンと

クリスマスマーケット中は
月曜日も営業しているようです。

はるばる海外にまでいって
行きたいミュージアムが休館日だと
凹みます。

営業日をきちんと確認して
旅をするのがオススメです。

DSC01212デューラーの家は、父親が金細工職人として
成功していたこともあり、裕福な家庭でした。

親が手先が器用な仕事をしていたため
デューラーも、その素質を継いだのか

13歳の頃に描いた自画像など
子供時代から才能の片鱗が
うかがえるような絵を残しています。

Self-portrait_at_13_by_Albrecht_Dürer自身で「子供時代」とタイトルを付けた
13歳頃の作品。

小さいころから、こんな絵を
描いていたデューラーは

20歳中頃には画家として
すでに名を上げており


ルネッサンス期の巨匠

ダヴィンチ
ラファエロ

とも交流があったようです。


当時はヨーロッパ中に、その名が
知られたデューラーですが

現代では埋もれがちなのは、


やはり

ダヴィンチ
ラファエロ


の圧倒的な存在感には
かなわないからでしょうかね。


ダヴィンチのモナリザなどは

美術なんか興味ないっ!!

って人でも知っているくらい

世界一有名な絵といっても
過言じゃないですから。

あわせて読みたい関連記事

 - ドイツ

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

BMWのエンジン M49
1937年式 メルセデスベンツ 770 グランドメルセデス オープンツアラー
ギーセンの市立劇場 Stadttheater Gießen
ニュルンベルクの日時計付き建築物
ニンフェンブルク城
1885年製 ダイムラーのテスト車両
ハイデルベルク城の大樽棟にあるペルケオの像
切符を買ったら忘れずに
1924年式 スーパーチャージャー メルセデス M836 エンジン
マイセン磁器工場と磁器博物館