世界遺産巡り 海外旅行写真集

約30ヵ国を旅して撮影してきた写真を配信しています! 毎日更新!! since 2007/10/20

*

パトロンのkurt klutentreter

   

[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`evernote` not found]

DSC01145ニュルンベルクの街を歩いていたら
道の真ん中に写真の像を発見しました。

こういうのは、かなりマニアックな部類に
入るので、ガイドブックには何の解説もなし。

そのため、その場では詳しい事は分かりません。

なので、あとから調べようと思い
解説のプレートの写真を撮影しておきました。

DSC01146一番上の

GESTIFTET VON

は、寄贈されたことを意味します。


その下の

KURT KLUTENTRETER

は、この像を寄贈した人の名前ですね。


日本のwikiさんには掲載されていませんが
ドイツ語のwikiさんに掲載されていました。

翻訳ソフトを通して読んだので

言葉のニュアンスが正直いまいち・・・・

そのため、捉え方に間違いがあるかも
しれませんが

1910年に生まれて2000年2月7日に
亡くなったようです。

最初、ニュルンベルクの鉛筆工場で
見習いとして仕事をしていた後に
自分の会社を設立。

財を成した彼は

600万マルクを後身の起業家に寄付し
150万マルクを家の建設に寄付し
120万マルクを学生アパートなどに寄付。

パロトンとして、歴史に名を残した
偉大な人物。

しかし、無免で車を運転し3回も捕まり
12万マルクの罰金刑を受けたという
意外な一面もあります。


その先の

urenkel der eva maria weber
tochter des bleistifts fabrikanten munker
frühere besitzerin des anwesens
plobenhofstrasse 1-3

ですが、これを翻訳ソフトに通したら


「鉛筆のEVAマリアウェーバーの娘の孫財産の
Munker前オーナーfabrikanten1-3 plobenhofstrasse」


と意味不明な言葉になってしまったので


うむ・・・・・・


これは理解不能です。


最後のplobenhofstrasse 1-3は住所なのは
なんとなく分かるんですが、その前ですよね。



前オーナー

前のオーナーが誰だったのかを
書いているのかも?

あわせて読みたい関連記事

 - ドイツ

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ドレスデンからマイセンへのドイツ鉄道の電車での行き方と時間と料金
1905年式 ベンツ 18PS ダブル フェートン
マイセンのアルブレヒト城と大聖堂
ニュルンベルクのショッピングエリア「カロリーネン通り」
カール・テオドール橋のサルの像
クローンベルクの福音教会
ミュンヘンの新市庁舎とマリエン広場
ハイデルベルク城の牢獄塔(ゼルテンレーア)
ケルン大聖堂の見学 その1
フランクフルトのアルテ・オペラ