世界遺産巡り 海外旅行写真集

約30ヵ国を旅して撮影してきた写真を配信しています! 毎日更新!! since 2007/10/20

*

ニュルンベルクの町で見つけたユルゲン·ゲルツの作品

   

[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`evernote` not found]

DSC01216ニュルンベルクの街を散策していたら
見つけたのが、この奇抜な彫刻。

千と千尋の神隠し

にでも出てきそうな感じのキャラですよね。

生きているのか死んでいるのか
よく分からない、なんかキモイ感じ。

子供は絶対好きになれなさそうです。



プレートに


DER HASE
1984
Jürgen Goertz



という文字が刻まれていたので
それを頼りにネットで調べてみたら


DER HASE
はウサギを意味するようです。

奥の大きいのは、ここからでも
ウサギと分かります。

手前の小さいのは、最初はネズミかと
思いましたが、よ~く見ると、これもウサギでした。

1984は、単純にその年の
作品という意味かと思います。

でもって

最後のJürgen Goertzは作者の名前。

日本語のwikiさんには掲載されていませんが
ドイツ語のwikiさんには、しっかり掲載されていました。

翻訳ソフトを駆使し、頑張って訳してみたところ
ユルゲン・ゲルツは、1939年生まれの現役の
ドイツの彫刻家。

彼のアートは、

ローテンブルク
ハイデルベルク
ベルリン

などなど、ドイツ中に点在しているので
ニュルンベルク以外でも見ることが
できるようです。

そういえば、ハイデルベルクの駅前に
巨大な馬の作品があったけど
写真を撮らずにスルーしてしましました。

どうやら、あれもユルゲン・ゲルツの
作品だったようです。

どこで繋がりが生まれるか分からないから
きちんと写真に収めておけばよかったと後悔。

あわせて読みたい関連記事

 - ドイツ

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ヴュルツブルクの市庁舎前の広場

噴水のあるこの場所は ヴュルツブルクの 市庁舎前の広場です。 この場所は、待ち合 …

ハノマーグの小型車「Kommissbrot」
フランクフルトの1ユーロショップ

フランクフルトの中央駅を 正面の出入口から出ると、 目の前にカイザー通りという …

ミュンヘンのテアティーナ教会

豪華な装飾な特徴のバロック様式の この教会は、 「テアティーナ教会」 と呼ばれて …

1939年式 メルセデスベンツ 230S オフロードスポーツカー
BMW R75/5
アシャッフェンブルクの劇場

古い建物の多いアシャッフェンブルクの 旧市街エリアにおいて ガラス張りのモダンな …

ローテンブルクの城壁を歩く

中世、外敵から町を守るために築かれた 城壁で囲まれたローテンブルクの町。 その城 …

1924年式 スーパーチャージャー メルセデス M836 エンジン
ドレスデンの聖十字架教会