世界遺産巡り 海外旅行写真集

約30ヵ国を旅して撮影してきた写真を配信しています! 毎日更新!! since 2007/10/20

*

ニュルンベルクの日時計付き建築物

   

[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`evernote` not found]

DSC01133ニュルンベルクらしいレンガ造りの建物。

ここニュルンベルクは、第二次世界大戦の
空爆や地上戦で90%の建物が破壊されましたが

見た感じ、素材が新しいので、これは
戦後に再建されたものだと思います。

ショッピングセンター
バー
レストラン

などが入った建物ですが
外観を見ると、ヨーロッパの
古い建物によく見かける

日時計

が付いているのが分かります。

DSC01134これですね。

この時計は、複雑な機械仕掛けが
必要ないので、コストが安いのがメリット。

建物の南側に設置し、軸を付ければオッケー。

仮に真南の方角に建物の壁が
向いていなくでも

軸の角度を調節してチューニングが
できるのも日時計ならではです。

e07_02_10日時計は、太陽の動きに応じて
軸の棒が映し出す影の位置の変化を
測定して時間を知ることができるもの。

そのため、晴れの日しか使えない点が
デメリットになります。

また、夜はもちろん機能しません。

DSC01134旅行した日は、残念ながら曇っていたため
日時計は、まったく使い物にならない
コンディションでした。

くそ~一瞬でも晴れてくれれば
影入りの分かりやすい写真が
撮影できたんですけど

この写真は、曇ってしまったら
日時計は、全く役に立たないことが
分かる1枚です。

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ドイツ

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ケルンの旧市庁舎
ハイデルベルクの哲学者の道を歩く
ベルリンの新博物館
カール・テオドール橋の南京錠
ハンブルクのレストラン「オールド・コマーシアル・ルーム」
マイセンの老舗カフェ「ツィーガー」
BMW R75/5
ドレスデンからマイセンへのドイツ鉄道の電車での行き方と時間と料金
シュトゥットガルト中央駅のコインロッカー
BMW 700