世界遺産巡り 海外旅行写真集

約30ヵ国を旅して撮影してきた写真を配信しています! 毎日更新!! since 2007/10/20

*

ラトビアのリーガ旧市街にある猫の家

   

[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`evernote` not found]

1ラトビアのリーガ旧市街にある


「猫の家」


と呼ばれる建物。





なぜ猫の家と呼ばれているかといえば・・・・・



1 (1)屋根の上に猫の像があるからです。

ちなみに、この猫は以前は
反対の方向を向いていました。

かつて、この家には、大ギルドに
加入できるくらいの基準を満たした
裕福なラトビアの商人が住んでいました。

しかし、ドイツ人が支配的なギルドへの加入を、
ラトビア人という人種差別的な理由で
加入を拒否されます。

怒った家主は大ギルドの会館に
背を向ける形で猫を取り付けました。


これに対し、ギルド側は激怒!!


家主は

「あなた方は規則を持っているのに守らない。
私の猫は規則など持っていないのだから、
どう振舞おうが勝手だ!」

と答えたそうです。


その後、大ギルドの会館はコンサートホールとして
使用されるようになり、

屋根の上の猫も音楽に誘われて、
向きが変更されました。

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ラトビア

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

リーガの聖ヤコブ(イェーカバ)教会
ラトビアの主都リーガ旧市街のブラックヘッドの会館
ラトビアのリーガ旧市街にあるスウェーデン門
ラトビアのルンダーレ宮殿
ラトビアのリーガ旧市街にあるブレーメンの音楽隊の像
リーガ旧市街の聖ペテロ(ペーテラ)教会
ラトビアのリーガ大聖堂(ドゥァムス)
ラトビアの主都リーガ旧市街の三人兄弟