世界遺産巡り 海外旅行写真集

約30ヵ国を旅して撮影してきた写真を配信しています! 毎日更新!! since 2007/10/20

*

ラトビアのリーガ大聖堂(ドゥァムス)

   

[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`evernote` not found]

1ラトビアのリーガ旧市街にある
修復中のリーガ大聖堂。

これは騎士団が占領した
リヴォニアの宗教的中心
を成した教会で、

1211年から建築が始まり、
増改築が繰り返され、

18世紀に現在のような姿になりました。

長年に渡り増改築が行われた
建物に共通しているのは、
その時代の流行で建築されるため、

ロマネスク様式
バロック様式

などさまざまな建築様式が
取り入れられた複合スタイルに
仕上がっていることです。

塔の高さは約90mですが、あれは
1776年に建て直されたもので、
それ以前の塔は50mも高かったそうです。

塔の上には雄鶏の像がありますが、
1985年に付け替えられた新しいもの。

以前の古いものは、教会の中に
保管されています。

この教会、6718本ものパイプが
使われた重厚なパイプオルガンや、

アルベルト僧正を映した美しい
ステンドグラスなどが有名ですが、

ご覧の通り修復中のため、
中に入ることができなかったので残念。

リーガ大聖堂ですが、教会としての
活動はもちろん、現在では

コンサートホール
博物館

ともなっています。

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ラトビア

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ラトビアのリーガ旧市街にある猫の家
ラトビアのリーガ旧市街にあるスウェーデン門
ラトビアのルンダーレ宮殿
ラトビアの主都リーガ旧市街の三人兄弟
リーガの聖ヤコブ(イェーカバ)教会
ラトビアのリーガ旧市街にあるブレーメンの音楽隊の像
リーガ旧市街の聖ペテロ(ペーテラ)教会
ラトビアの主都リーガ旧市街のブラックヘッドの会館