世界遺産巡り 海外旅行写真集

約30ヵ国を旅して撮影してきた写真を配信しています! 毎日更新!! since 2007/10/20

*

タリン旧市街のラエコヤ広場と旧市庁舎

      2015/03/17

[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`evernote` not found]

R0011527タリン旧市街の中心地である

「ラエコヤ広場」

ここはデンマーク人に占領される以前から、
市場として存在していた広場です。

中世の頃は、商品の売買以外にも
結婚式の行進やさまざまな行事、
また罪人の処刑も行われていました。

R0011544現在は、お洒落なカフェなども建ち並びます。

R0011542この広場で一番目立つのが旧市庁舎。

北ヨーロッパに唯一残る
ゴシック様式の市庁舎です。

14世紀半ばに建築が始まりましたが、
1404年の増築後には現在の姿となりました。

R0011546しかし、さすがにすべてオリジナル
というわけではなく、

65mの塔の上にはタリンの
シンボルである


「トーマスおじいさん」


という像がありますが、
現在の塔にいるのはコピー品。

1530年に作られた本物は
旧市庁舎内で保管されています。

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - エストニア

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

タリン旧市街のアレクサンドル・ネフスキー聖堂
タリン旧市街の大聖堂 (通称:トームキリク)
タリン旧市街の大ギルドの会館
タリン旧市街にあるブラックヘッドの会館
タリン旧市街の三人姉妹と呼ばれる住宅集合体
タリン旧市街の聖霊教会
タリン旧市街にある聖ニコラス(ニグリステ)教会
タリン旧市街のトームペア城とのっぽのヘルマン
タリン旧市街の展望台からの景色
タリン旧市街の散策