世界遺産巡り 海外旅行写真集

約30ヵ国を旅して撮影してきた写真を配信しています! 毎日更新!! since 2007/10/20

*

タリン旧市街の大聖堂 (通称:トームキリク)

   

[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`evernote` not found]

R0011481エストニア本土では最古の教会と言われる
タリン旧市街にあるトームキリク。

1219年にデンマーク人がトームペアを
占領した時に建設されたものになります。

デンマークがトームペアを占領した時に、
トームペアの丘には城も建てられましたが、


エストニア人はこれを

Taani Linn(デンマーク人の城)

と呼んだのが キッカケで、現在の
タリンの地名が付いたと言われています。


この時代はバルト十字軍というカトリックの

デンマーク王
スウェーデン王
リヴォニア帯剣騎士団
ドイツ騎士団

により結成された十字軍が活発だった頃。

エストニアは1193年から1227年に
かけて征服されました。

その後ですが、この教会は
1684年のトームペアの大火災で消失。

100年もの歳月をかけて再建され
現在に至ります。

そのため、現在のトームキリクは
十字軍の頃のオリジナルではありませんが、

それでも300年以上も前から
ここにあることを考えると歴史を感じます。

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - エストニア

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

タリン旧市街のアレクサンドル・ネフスキー聖堂
タリン旧市街の大ギルドの会館
タリン旧市街にある聖ニコラス(ニグリステ)教会
タリン旧市街の聖霊教会
タリン旧市街の散策
タリン旧市街のラエコヤ広場と旧市庁舎
タリン旧市街の三人姉妹と呼ばれる住宅集合体
タリン旧市街にあるブラックヘッドの会館
タリン旧市街の展望台からの景色
タリン旧市街のトームペア城とのっぽのヘルマン