世界遺産巡り 海外旅行写真集

約30ヵ国を旅して撮影してきた写真を配信しています! 毎日更新!! since 2007/10/20

*

サラエヴォのブルサ・べジスタン

      2015/03/10

[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`evernote` not found]

o0548041112582813384サラエヴォは、歩いていてトルコっぽい
印象を受けることが多い。

オスマン朝時代のオリエンタルな
雰囲気が今も残るようです。


写真右前方のドーム状の建物は

ブルサ・ベジスタン

といわれるバシチャルシャ(職人街)
にある絹取引所。


16世紀にオスマン朝時代の大宰相を務めた
リュステム・パシャにより建てられました。


ブルサとは当時絹の産地として知られた町で
ココで取引された絹はブルサから運ばれたもの
だったため

ブルサ・ベジスタン

との名前が付きました。


現在、この建物は博物館として利用されていて
先史時代からオーストリア統治時代までの
サラエヴォの歴史に関する展示がされています。

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ボスニア・ヘルツェゴヴィナ

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

サラエヴォのラテン橋(プリンツィプ橋)とサラエヴォ博物館
サラエヴォのラドンプラザホテル
サラエヴォのバシチャルシァの散策 Vol.1
サラエヴォのバシチャルシァの散策 Vol.2
サラエヴォの国立図書館
サラエヴォのレストラン、イナット・クーチァ
モスタルのシンボル、スターリ・モスト