世界遺産巡り 海外旅行写真集

約30ヵ国を旅して撮影してきた写真を配信しています! 毎日更新!! since 2007/10/20

*

1955年式 メルセデスベンツ 300SL クーペ

   

[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`evernote` not found]

1954年に発表された
市販スポーツカーの
300SLは、

1952年に成功した
競技車両がベースと
なっています。

軽量化を追及する
レース車両が元のため、

スペースフレームの重量は
わずか50kgと超軽量。

そして特に注目なのが
ドアの開閉方式。

上部へと開く
ガルウイング型と
なっています。

これは、最初から
この開閉方式を
狙ったわけではなく、

フレームの設計を
優先した結果、

通常のドアが
取り付けられなく
なってしまったため、

ガルウイングが
採用されました。

乗り降りする箇所を
見ると分かりますが、
開口部が狭く

跨ぐ感じで乗車する
必要があるものの、

両サイドの剛性が
非常に強いため、

スポーツ走行の際は
有利に働きそうです。

フレーム構造を優先し
採用されたガルウイングですが、
1950年代において、

憧れの車=ガルウイング

と、位置付けられるように
なりました。

高級感溢れるハンドル周り。


▼スペック
シリンダー:6気筒
排気量:2996cc
パワー:215馬力 5800回転
最高速度:250km/h
製造年:1954-1957年
生産数:1400台

▼アクセス

あわせて読みたい関連記事

 - ドイツ

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

フランクフルトのゲーテ像
ハンブルクの内アルスター湖
フランクフルトのアイゼルナーシュテグ(鉄の橋)
ローテンブルクで最も美しいと言われる景観のプレーンライン
リューデスハイムのアドラートゥルム
ダイムラーの商用車
アシャッフェンブルクのシェーンタール公園
BMW 335i
ダイムラーのベルトドライブ自動車
ハンブルクの聖ミヒャエル教会