世界遺産巡り 海外旅行写真集

約30ヵ国を旅して撮影してきた写真を配信しています! 毎日更新!! since 2007/10/20

*

1938年式 メルセデスベンツ 260D プルマン セダン

      2018/09/28

[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`evernote` not found]

メルセデスベンツの260Dは、
世界で初めてディーゼルエンジンを
搭載した大型の自動車になります。

ディーゼルエンジン用の燃料は
ガソリンに比べ安価で、

しかもエンジンの
燃費も良かったため
非常に経済的でした。

そのため、260Dは
タクシーとして
使用されたり

旅行距離旅行用の車として
大きな需要があったそうです。

詳しい燃費までは
博物館の案内に記載が
なかったので不明ですが、

例え、現代の車と比較して
大したことがなかったとしても

当時の基準からすれば、
燃費が良かったのは
間違いありません。


▼スペック
4気筒 2545cc
45馬力 3000回転
最高速 95km/h
生産年 1936-1940年
生産数 1967台

▼アクセス


あわせて読みたい関連記事

 - ドイツ

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

BMW 328
デュッセルドルフのラインタワー
BMWのエンジン M2B15
アシャッフェンブルクのポンペイアヌム
1980年式 メルセデスベンツ 500SLC ラリーカー
BMWのエンジン M10
メルセデス・ベンツ博物館前のファンジオ像
アシャッフェンブルクのカプチーナ教会
シェーンタール公園に残る廃墟の教会
ケルン大聖堂の見学 その2