世界遺産巡り 海外旅行写真集

約30ヵ国を旅して撮影してきた写真を配信しています! 毎日更新!! since 2007/10/20

*

1912年式 ベンツ FX エアロ エンジン

      2018/09/21

[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`evernote` not found]

このFXエンジンは
ベンツ&シー社
(ベンツ&シー・ライニッシェ・ガスモトーレン・ファブリーク)

が、初の飛行機用
エンジンとして

特別にデザインした
ものになります。

1913年に元ドイツ皇帝の
ヴィルヘルム2世が開催した
エンペラーズ・アワードでは、

見事、ドイツのベスト航空機
エンジンに輝いています。

賞を受賞した決定的な理由は、
乾燥重量が軽い事と、

低燃費である事が
決め手になりました。

この時代の航空機エンジンは
400kg以上のタイプも
珍しくないので

155kgという重量は
確かに驚異的です。

また、燃費については
具体的な数字の記載が
なかったので不明ですが、

2年前のエンジンが
15000cc近くあるのに対し

FXはパワーを同等に出しながらも
9556ccしかないため

3割くらいは燃費が向上
していそうな気がします。


▼スペック
4気筒 9556cc
105馬力 1350回転
生産年 1912-1913年
重量 155kg

▼アクセス

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ドイツ

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ヴュルツブルクのユリウスシュピタール
BMW 1600
1902年式 メルセデス シンプレックス 40PS
BMW 328
アシャッフェンブルクのポンペイアヌム
ベルリンのフンボルト大学
ニュルンベルクの地下酒場「ナッサウアー・ケラー」
アシャッフェンブルクのカプチーナ教会
フレスコ画に彩られた村「オーバーアマガウ」
ブラバムのF1マシン BT52 BMW