世界遺産巡り 海外旅行写真集

約30ヵ国を旅して撮影してきた写真を配信しています! 毎日更新!! since 2007/10/20

*

1902年式 メルセデス シンプレックス 40PS

   

[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`evernote` not found]

35馬力モデルの後継車として
マイバッハによって設計された

1902年製のメルセデスの
シンプレックス。

40馬力を発揮する
エンジンを搭載した
車となりますが、

博物館の展示車両は
現存する個体としては
最も古い車両だそうです。

車体名のシンプレクスは、
容易に取扱いができる
車との意味が込められていますが、

現代の車しか運転経験のない
人間からしたら、

非常に複雑な印象を
受ける運転席。

スペアタイヤを2本装備。


▼スペック
4気筒 6785cc
40馬力 1100回転
最高速 80km/h

▼アクセス

あわせて読みたい関連記事

 - ドイツ

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

BMW C650GT
郵便列車 ベルリン 1419
ニュルンベルクのフラウエントーア塔
1886年製 ダイムラーの小型エンジン
ニュルンベルクのカイザーブルク
ミュンヘンのミヒャエル教会
ミュンヘンのドイツ博物館 その2
フランクフルトの聖母教会
1937年式 メルセデスベンツ 320 救急車
1980年 ハンス・ハイヤーのステアリングとグローブ