世界遺産巡り 海外旅行写真集

約30ヵ国を旅して撮影してきた写真を配信しています! 毎日更新!! since 2007/10/20

*

自動車ごときが馬に勝てるはずがない

   

[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`evernote` not found]

ドイツのシュトゥットガルトにある
メルセデス・ベンツ博物館は、

チケットを買った後、
エレベーターの入口に並び

最上階まで進んで
階を降りながら

見学するスタイルに
なっています。

ちなみにスロープ状の
バリアフリーに
なっているので、

車椅子の方でも
移動しやすいです。

博物館の一番最初の展示は
馬の模型から始まります。

てっきりHorse power(馬力)
についての解説のために

馬1頭の引く力=1馬力
馬5頭の引く力=5馬力

等の説明書きがあるのかと
思ったんですが、

解説プレートを読むと、

「私は馬を信じる。車は一時的に誕生したものに過ぎない。」
ドイツ皇帝 ヴィルヘルム2世(1859年1月27日 – 1941年6月4日)

との言葉が書かれていました。

この時代の誕生したての車は
馬車のような形をしており

搭載されている
エンジンにしても

最高速度が10km程度と
非常に非力です。

自転車より遅いのはもちろん
人間が自分の足で走った方が
速いくらいで

ましてや馬の速度になんて
到底及びません。

しかし、皮肉にもヴィルヘルム2世の
予想は彼の存命中に外れてしまい

自動車の方が馬の何倍もの
スピードを出せるようになり、

今では馬車で移動する人など
ほとんどおらず、

圧倒的に自動車が
普及しています。

技術の進歩は誰にも予想が
つかないというか、

こういった歴史を見ると
2018年時点において、

「そんな事は無理に決まっている!!」
と考えられてる事でも、

何年かしたら、
実現されている事も

十分あり得るのが
技術の進歩の面白い点
だと思います。


▼アクセス

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ドイツ

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ミュンヘンのレジテンツ宝物館

ミュンヘンにやってきたのなら 絶対に足を運んでおきたいのが レジデンツ ここは、 …

1912年式 ベンツ 3トン トラック

第一次世界大戦前の時代においては、 典型的な構成だったベンツの 3tトラック。 …

クリガー機関車の模型
1937年 メルセデスベンツ 540K コンバーチブルB
バンベルクのケーテ・ヴォールファールト

ドイツ各地でよく見かける 「ケーテ・ヴォールファールト」 というお店。 ここはバ …

ニュルンベルクのショッピングエリア「カロリーネン通り」

この通りはニュルンベルクの歩行者天国 カロリーネン通り 日本でもお馴染みのブラン …

ポルシェ909 ベルグスパイダー
シャルロッテンブルク宮殿のタペストリーの間

ルイ15世から贈られた タペストリーが 壁に掛けられている 第一のタペストリーの …

統一ドイツの象徴ブランデンブルク門

今では自由に行き来ができるように なったものの、東西ドイツ時代は この近くにベル …

BMW 323i