世界遺産巡り 海外旅行写真集

約30ヵ国を旅して撮影してきた写真を配信しています! 毎日更新!! since 2007/10/20

*

ホンダ HONDA NSR250R

   

[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`evernote` not found]

現在でも根強い人気を誇る
伝説の2ストマシンと言っても
過言ではないNSR250シリーズ。

博物館に展示されていた
バイクは、1988年に製造された
NSR250Rとなります。

ロードレース世界選手権の
250ccクラスで、

85~87年にかけて3年連続
メーカーチャンピオンを
獲得したマシンの

NSR250を基に
開発されました。

全般的なデザインは
今のバイクの方が
かっこいいですが

この時代の250ccクラスは
ダブルディスクブレーキが
当たり前だったり

やはりフレームの作り込みが
本格的で物凄い。

発売当時の価格は
579000円ですが、

そこそこの程度の
中古バイクでも

プレミアで高値が付く
NSR250。


こういう乗り方をするのが
一般的なバイクゆえに

まともな状態のものが
残っている可能性は
ヒジョ~に低いですが、

博物館に展示されているような
状態の良いものが

もし、市場に出て来たら
100万円超えは間違いない!?

NSR250シリーズは、
進化の早いマシンのため

年式により、かなり仕様が
異なってきますが、

展示車両は馬力規制前の
ハイパワーモデルで

市販バイクとして世界初の
コンピューター制御による

PGMキャブレターを
装備したタイプです。

一般的なキャブレターと
比較をすると

低速域から高速域まで、
全域にわたって

高い燃焼効率と操作性の
良さが特徴です。


エンジン:水冷 2ストローク 90度V型2気筒
     ケースリードバルブ 249cc
最高出力:45馬力 / 9500rpm
重  量:127kg(乾燥重量)
常時噛合式6段リターン


▼アクセス

あわせて読みたい関連記事

 - 日本

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

嵯峨野の散策
京都タワー
伊豆スカイラインの峠の茶屋
奈良公園と若草山
奈良の名勝大乗院庭園文化館
奈良の唐招提寺
京都の叶匠寿庵京都茶室棟
長野県の美鈴湖
京都の金閣寺(鹿苑寺)
ホンダ HONDA T360