世界遺産巡り 海外旅行写真集

約30ヵ国を旅して撮影してきた写真を配信しています! 毎日更新!! since 2007/10/20

*

デトロイト・エレクトリックの1916年製 電気自動車

   

[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`evernote` not found]

現在、電気自動車の普及に向けて
いろいろな取り組みがされていますが

実は、電気自動車が世に出たのは
ここ最近の話ではなく
100年以上前まで遡ります。

1907年に設立された、アメリカの
デトロイト・エレクトリックという
EVメーカーが1939年までに

13000台もの電気自動車を
販売していました。

しかし、電気自動車の販売を
継続させる事が難しくなり
残念ながら廃業。

世界にはガソリン車が圧倒的に
普及する流れとなります。

現在でもそうですが
コストや利便性を考えると

まだまだ、ガソリン車には
太刀打ちできません。

でも、この時に電気自動車開発の
道に進んでいたら

今の車社会がどうなっていたのか
非常に気になります。

ガソリンスタンドの代わりに
電気スタンドが建ち並び

住宅の駐車スペースには
1区間ごとに充電設備が
整っていたかもしれませんね。

また、現在のように、
ここまで温暖化について

深刻に言われる事は
なかったかもしれません。

電気自動車の元祖と言える
デトロイト・エレクトリック社ですが

写真の電気自動車は
1916年製の製品になります。

最高速度は40kmまで
走行可能距離は130-150km

充電式のバッテリーを
積んでいたようです。

この頃の一般的な車は
最高速度が50km前後のため

速度的には遜色ない性能を
誇っていたと言えます。


▼アクセス

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ベルギー

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ヒルトン ブリュッセル シティ
ブルージュの「のみの市」
ブリュッセルの王の家
アントワープの市庁舎
ド・ディオン=ブートンのタイプDX トーピードー
フェラーリ Ferrari 308 GT4
ブリュッセルのサントカトリーヌ教会
ド・ディオン=ブートンのタイプDE2 クーペ
フェラーリ Ferrari 348TS
ブリュッセルのプロキシマス社ビル